| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
大河ドラマ『天地人』 第30回「女たちの上洛」
北条氏を滅ぼし、天下統一を果たした秀吉は、大名の妻たちの上洛を要請します。
景勝から上洛を告げられた菊姫は強行に拒否します。
同じころ、反逆の罪に問われた千利休が切腹を命じられます。
秀吉の寵愛を受けた利休でさえ罪に問われるのであれば、上洛を拒否したら、上杉家にどんな災いが降りかかるやも知れぬとして、仙桃院さんをはじめとする面々が、菊姫に再び説得します。
菊姫は、自分は景勝を慕っているのに、殿は自分のことは思ってもくれず、自分が上洛したら、側室をおくかも知れず、それがいやで拒否しているようでした。いまどき、単身赴任の夫に対しても、そんな駄々のこね方はしないでしょう。駄々をこねる理由があまりに小さくて、正直がっかり。菊姫には武田の娘としての誇りを持ち続けて欲しかったと思います。たとえ本音が何処にあっても、建前だけでも死ぬまで誇りを持ち続ける菊姫であって欲しかった。まあ、望んだところでいかんともしようもありませんが。
そうしてお船さんの説得で、ようやく上洛を決意する菊姫でした。


二人の会話の中で、お船さんが菊姫の夫(景勝)に対してしきりに「殿、殿」といっていたのが気になりました。自分の夫に対してならともかく、主筋の女性の夫に対して「殿」というのは、なんだか呼び捨てをしているように感じたのですが、思い過ごしでしょうか・・・

菊姫が上洛するならば、自分もお供をすると言うお船さん。「そなたは子がおるではないか。」という菊姫に対し、「私なら大丈夫です。頼りになる夫がおりますから。」と笑顔で答えるお船さん。それって、菊姫に対するいやみですか・・・?

それから、兼続くんたち、小田原から帰ってきて、ずいぶんのんびりしているようですが、東北方面へ検地に出かけなくてもいいのでしょうか。



GEMテーマ:天地人
 
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://pure-soul.jugem.jp/trackback/38
<< NEW | TOP | OLD>>