| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
大河ドラマ『天地人』 第28回〜第29回
 第28回「北の独眼竜」/第29回「天下統一」

早々と正宗、登場です。
会津の芦名氏を滅ぼし、豊臣政権にとって不穏な動きを見せていた伊達対策のため、上杉家に対して秀吉からは、伊達に圧迫をかけるよう求められてはいましたが、兼続くんはのこのこ伊達の屋敷にお使いに出かけます。「愛」があれば怖い者なし、みたいで、何をやらかすか(何をやらせるのか)わからず、逆に怖いです。
佐渡はあっという間に平定され、本庄繁長の一件(本庄氏が最上義光を破ったことが惣無事令違反として最上に訴えられ、繁長の子千勝丸を上洛させた。)はなかったことにされ、秀吉の天下統一の最後の仕上げである小田原攻めに突入です。

上杉家は真田昌幸ともに前田利家を総大将とする北陸方面遠征軍として参陣。
以前の放送では、悪代官のような真田昌幸の人物の描かれ方に違和感を覚えましたが、景勝、利家らと軍議を行う昌幸は癖のまったくない、平凡な武将に成り下がっていて、これまたある意味違和感を覚えました。

降伏した松井田城城主に越後から持参した酒を振舞う兼続くん。相変わらずのスタンドプレーが目立ちます。
伊達の参陣が遅いとして、兼続くんは正宗君に手紙を書きます。どこまでもおせっかいです。(実際、正宗と秀吉との間を取り持ったのは前田利家だったはず、ですが・・・)



JUGEMテーマ:天地人
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://pure-soul.jugem.jp/trackback/37
<< NEW | TOP | OLD>>