| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
『天地人』 第16回「信玄の娘」
武田との同盟によって武田家から迎えられた武田勝頼の異母妹・菊姫と景勝との婚儀が執り行われました。
婚儀の席上、
「武田に黄金、領地まで与えた上に、武田の姫までもらうとは!」
と、お怒りになって席を立つ吉江さん。武田との同盟が気に入らないようです。

その夜、緊張した面持ちで、菊姫の待つ閨におもむく殿。
菊姫は殿と刺し違える覚悟で、武田を守って欲しいと懇願するが、殿は確約はできないと正直に答えてしまうのでした。(こういう実直さはいいですね。)

さて、ドラマではずいぶん気性の激しそうな菊姫ですが、実際のところ、どうだったのでしょう。
どうだったかわかりませんが、イメージとはずいぶん違う菊姫です。いい悪いは別にして。
菊姫の母は油川源左衛門の娘。(油川氏は武田氏の一門)同母姉に松姫(信松院)がいます。信松院といえば、見性院(穴山信君正妻)とともに保科正之の養育にも関わった方ですね。そんなところから、信松院は賢婦人というイメージがあるのですが、同母妹の菊姫もまた、誇り高き賢婦人であったと思います。だから、ドラマのような、「武田の家を守ると約束してくれるか」といったような愚問は決して発したりしなかったでしょう。

殿のあまりに正直な返答に、心を閉ざしてしまう菊姫。
彼女の心を開こうと、兼続くんは必死です。菊姫を迎えることになった要因を作ったのは自分な訳ですから、ここはどうあっても仲良くしてもらわないと・・・ということらしいのですが・・・
一回目の対面では、あっさり拒絶される兼続くん。仙桃院さんをダシにして、ようやくお目どおりかなう。雪の中から顔を出した雪割草を引き合いに出して菊姫の心をほぐそうとします。
そこは華姫が好きだった場所らしく、仙桃院さんは華姫を思い出して涙を流してしまいます。
菊姫の心を解こうとしてやったことが、仙桃院さんを泣かせてしまい、兼続くんの作戦はいったい成功したのかどうか、よくわかりません。
あの場面でよくわからなかったのは、お船さんの立場。何のためにあの場にいたのでしょうか。

このドラマ、よくわからないことが多いです。
吉江さん、信綱さん、兼続くんの三者会談もよくわからないものでした。
信綱さんは兼続くんに「おまえのこと嫌い」宣言をしますが、「嫌い」とした上で相手の立場を認め、ともに上杉家のために働こうと話をします。吉江さんが仲介者というわけでしょうか。
この後、信綱さんが亡くなって兼続くんが直江家に入るわけですが、今のままだと単純にお船さんの「浮気」が成就した形になっちゃうから、それではあまりに信綱さんの立場がないから一応「嫌い」だけれども兼続くんを認めてあげる立場を取ることで、兼続くんを「正統な」直江家の後継者に仕立て上げようとしたものでしょうか。あまりに強引過ぎて、唐突で意味不明な場面でありました。

意味不明といえば、恒例となっている信長サマ&初音のツーショット。先週は屋根の上でしたが、さすがに2週連続はなかったですね。今週は屋形内でした。信長サマ、何か言っていたようですが、忘れました。あの二人のシーンはCMタイムと思うことにしています。

そして番組最後で信綱さん殺害される・・・
一般的には御館の乱の恩賞を巡るもつれから毛利秀広が山崎仙秀斎の殺害におよび、山崎といっしょにいた信綱が巻き添えを食う形で殺害された、といわれていますが、なんだかよくわからないうちに殺人事件が起きていました。
NHKのサイトのあらすじによると、兼続の出世を快く思わない者による信綱殺人事件・・・?なんですか?それ




JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(3) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








吉江・直江・兼続の三者会談も謎だらけですが、どうして兼続の出世を快く思わない設定の毛利さんが兼続自身ではなく、信綱さんを斬るんでしょうか(苦笑)ワタシヨクワカリマセンorz
from. ユウキ | 2009/04/22 23:03 |
よーぜんさん、申し訳ありません! 送信を間違ったようで二重投稿になってしまいました(涙)お手数をお掛け致しますが、削除お願い致しますorz
from. ユウキ | 2009/04/22 23:11 |
ユウキさん
こんばんは。
コメント一つ削除しました。お気になさらないでくださいね。私もよくやるんです。よそで。

おっしゃるとおり、毛利さん、仕留める相手間違ってます。本当に謎だらけのドラマです。
from. よーぜん | 2009/04/22 23:22 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://pure-soul.jugem.jp/trackback/27
<< NEW | TOP | OLD>>