| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
『天地人』 第15回「御館落城」
越後の春には彼岸花が咲く・・・!?

御館を落ち延び、鮫ヶ尾城に籠った景虎が自害して果てたのは天正7年3月24日のことでした。
なぜか能舞台らしきところで、最期を語り合う景虎と華姫。二人の最期の会話はしっとりしていてよかったですが、最期を迎えんとする景虎の背後になぜか曼珠沙華・・・
曼珠沙華は真っ赤な花弁が炎のようで、「地獄花」などの異名も持っていますので、死につながる花というイメージからの連想で、自害する景虎の背景に配したのかもしれません。
イメージという面ではわからないではないのですが、季節を全く無視した演出というのはいかがなものでしょうか。
花を配するのなら、ありふれた演出になってしまいそうですが、桜吹雪を散らしたほうが、季節柄相応しかったと思います。あるいは、黄泉の国のイメージを持たせるなら、山吹に清水を配した演出もありかなあと・・・(万葉集にある、高市皇子が十市皇女の死を悼んで詠んだ歌「山吹の立ちよそひたる山清水 汲みにいかめど道の知らなく」からの連想)
前に雪のない越後の冬を描いたことがあり、あれは完全な手抜きとしか思えませんでしたが、今回のは妙にイメージを働かせたがゆえに、季節感のない演出になってしまったという気がします。
越後の春に彼岸花はもちろん咲くはずがないでしょうし、景虎さまが自害したのは秋ではなく、弥生3月です。

今回の「おつかい」は、兼続くんではなく、お船さんでした。御館の仙桃院さんを説得に行くという。
それを聞いた信綱さん、大いに反対します。が、お船さんは兼続くんの「紅葉の如き家臣」の話を持ち出して、反対する夫を説得します。またも信綱さんの前で兼続くんの話をするお船さん。信綱さん、あれで納得したのでしょうか。よくわからない夫婦です。
御館に赴き、仙桃院さんに面会したお船さん、主筋の仙桃院さんに対して、ものすごいことを言っていました。
要約すると、
「そもそもこの戦の原因を作ったのはあんたの嘘のせいなんだから、責任とって生き延びて、最期まで見届けなさいよ」
あの場にいたお船さん自身の責任の行方はどうなのでしょう。主に対する暴言の上に責任転嫁・・・(こんな脚本、やめてください)

お船さんの暴言に納得したらしい仙桃院さんは、景虎さまに降服を勧めにいきます。
その時に仙桃院さんが語ったことは、あたらずとも遠からずだったのではと思います。
謙信がどういう思いで景虎さまを養子にしたかという話は飛ばすとして、景虎自身が「悲しみ」と様々なトラウマを抱えて生きてきたであろうことは、想像を絶するものがあります。
「大切なもの」を守るために、降服の道を選んだ景虎さまでしたが、その証として送り出した子の道満丸は殺され、自身もやむなく御館を落ち延び、やがて最期の時を迎えます・・・

御館の乱の火種は景虎の死後もしばらくくすぶり続けますが、ひとまず景虎の死によって戦は収束します。それにしても戦闘のない戦でした。
越後府中は焼かれたはずなのに、見事に飛ばされ、対景虎戦のはずが、対武田対策に摩り替えられ、重臣たちは暢気に集まって議論しているばかりでそれぞれの持ち場に行こうとしないし、とても間の抜けた「御館の乱」でした。
そして結局最後まで御館の主は登場せずじまいでした・・・

結局この戦を陰で操っていたのは、遠山康光だった、という設定のようです。(道満丸を暗殺したのもどうやら遠山らしい・・・)
最後の最後に兼続くんら上田衆が、景虎さまに殿の真意を伝えていましたが、それでは、景虎さまが追い込まれる前になぜ伝えなかったのでしょうか(実際にドラマで語った「真意」はありうべくもなかったからにほかなりませんが)。
「戦う理由」の見えない、なんとも間延びした御館の乱でした。

JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(4) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








脚本のご都合主義に驚き呆れ、だからこそ景虎が不憫でなりませんでした;それにしても、ここまで凄い御舘を書くとは予想もしなかったです(苦笑)もうなんと言いますか…心の琴線が途切れてしまった様な脱力感が残りました。
from. ユウキ | 2009/04/13 14:08 |
>心の琴線が途切れてしまった様な脱力感

約1ヶ月ほどの御館の乱でしたが、ただの時間の無駄だったような気がして仕方ありません。
from. よーぜん | 2009/04/13 22:06 |
脚本家は景虎にベタ惚れだったらしいんですが
その最期の回がアレじゃあ本当に景虎LOVEだったのがすら疑わしいですね。
from. トラマ | 2009/04/14 08:51 |
トラマさん

>本当に景虎LOVEだったのがすら疑わしいですね。

景勝派ですが、景虎さんに大いに同情します。
完全な消化不良です。
from. よーぜん | 2009/04/14 09:48 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://pure-soul.jugem.jp/trackback/26
天地人への旅商品価格:1,050円レビュー平均:4.0 「天地人〈下〉」火坂 雅志「天地人〈下〉」火坂 雅志 421p日本放送出版協会 上杉家の家老となった兼続は、揺れ動く、秀吉、家康の時代を どのように上杉家を 守っていくのか。 大河ドラマは、この本をどのように脚色
| newsニュース | 2009/04/14 08:35 |
<< NEW | TOP | OLD>>