| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
『天地人』 第14回「黄金の盟約」
高坂弾正との約定にもかかわらず、武田が攻めてくるということを知った景勝サイド。
再び、兼続くんが武田との交渉の使者になることを殿に申し出ます。が、今回もいとも簡単に却下されます。
武田に攻められては終わりだと、死ぬ覚悟の殿を初めとする上田衆の面々。殿は引きこもり部屋と化した毘沙門「洞」へとの引きこもってしまいます・・・
なんか、皆さん、本末転倒なことをしていませんか?そもそも戦っている相手はだれだったの?
それを忘れてしまったかのように、「討死覚悟」って・・・殿を初め上田衆の即物的なものの見方(彼らにそういう見方をさせる脚本の陳腐さ)に失笑してしまいました。
このとき唯一まともだったのは兼続くん一人だったわけで、その点は評価できるでしょうか。
そして再び兼続くんとお船さんの密会。お船さん、信綱さんのことはもうどうでもいいのでしょうね。あわれな信綱さん。

なんとか殿の気持ちが変わって、兼続くん、再び武田の下へ。上田衆がそろいも揃って兼続くんのお供をします。殿の護衛はいいのでしょうか?
農民の姿に身をやつし、景虎方の兵に見咎められるが、難なくやり過ごし、武田の陣に行き着いた兼続くんらは今度は御大将直々に謁見します。
「高坂弾正との約定など知らん」、やはり思っていたとおりでした。兼続くんたちの身なりに苦言を呈し、兼続くんの話には耳を貸そうともしない勝頼でしたが、黄金を見るなり人が変わったようになって・・・まるで時代劇にありがちな悪代官さながらでありました。
勝頼との交渉は上首尾に終わり、再び意気揚々と帰還する兼続くんご一行様でありました。

そういえば、ドラマ冒頭で、兼続くん、牢に入れられていましたが・・・
どういう経緯で牢に閉じ込められることになったのか、見逃したのですが、惣右衛門さんが出してあげていましたね。
あのままずっと(ドラマ終了まで)閉じ込めておけばよかったものを。甘い父親です。この親にしてこの子あり、といったところでしょうか。


JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(0) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://pure-soul.jugem.jp/trackback/25
『天地人』コーナー併設しました。大河ドラマ「天地人」、地元のお話でもある「御館の乱」が放映され、ますます盛り上がってきています。 さて、当店も「天地人」を応援!兼続や謙信にちなんだのお土産品をいろいろそろえております。 和菓子はもちろん、からむし製品や
| ニュースヘキサゴン | 2009/04/07 20:42 |
<< NEW | TOP | OLD>>