| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
『天地人』 第13回「潜入!武田の陣」
先週、兵糧は確保したが、景虎の実家北条氏に呼応して甲斐の武田氏が動き出した・・・
という話でいいんですよね?なんだか連携もないままに、武田が勝手に上杉領を狙って動き出してる感があるのですが・・・
一難さってまた一難。
ない知恵絞って一生懸命考えた末、武田と手を結ぶというグッドアイデアを思いついた兼続くん。
ところが殿に「無理!」と言われ、却下されてしまいます。信綱さんはじめ他の家臣の方々も、「馬鹿じゃねーの?」みたいな態度で兼続くんを見下しています。
どうしても自分のアイデアを採用してもらいたい兼続くんは、毘沙門「洞」にこもる殿のもとに行って説得を試み、自分が使者になることを志願します。
泉沢と弟与七を引きつれ、武田の陣に潜入・・・「潜入」というから、こっそり武田の陣中に紛れ込んで、またもぼこぼこにされるのかと思いましたら、兼続くん、直垂姿で高坂弾正と面会。
高坂さんは、先週も登場していましたが、「親上杉」派のようでした。
和議を申し入れる兼続くんにすぐさま賛同。自分のアイデアが上首尾であったと、兼続くんは意気揚々と春日山へ帰るのでありました・・・

しかし、それでいいのか?
高坂弾正は見るからにこの先長くはなさそうだったし(勝頼のもとに使者を走らせる前にお亡くなりになるやも知れないような状態。)、武田家の重臣(かつての?)に太鼓判を押されたからとはいえ、勝頼とはそりが合わないみたいだったし・・・。武田家の内部事情もよく知らないで、うかつに喜んでいていいのか、兼続くん。

ところで、この一連の流れは「御館の乱」ですよね?
景虎VS景勝という対立関係が中心にあっての武田氏なり北条氏なりの登場だと思うのですが、対立関係の構図がまったく見えてきません。北条も攻めて来るみたいですが、武田や北条がそれぞれ勝手に景勝と戦っている(実際の戦いのイメージもわかないので、勝手に動いている、といったほうがいいかもしれません)という印象をぬぐいきれません。
御館の主(上杉憲政)はなぜか不在ですし・・・

そしてまたしても登場した信長と初音。はっきり言って気持ち悪いです・・・





JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(0) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://pure-soul.jugem.jp/trackback/24
「チェンジ!」変身するわけではなかったのですね。政治路線の転換でした。樋口兼続(妻夫木聡)の発案による上杉・武田同盟(甲越一和)。しかし、兼続の関与は史料上で認められません。しかも、武田との外交交渉には複数の上杉重臣たちがあたっていました。とりわけ、
| 鎧袖初雁雑事記 | 2009/04/02 00:02 |
<< NEW | TOP | OLD>>