| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
『天地人』 第10回「二人の養子」
景勝の屋敷に殴り込みをかけた柿崎晴家でしたが、奮闘むなしくついに討たれてしまいました。
本来ならば、謙信の死後、すでに登場しない晴家ですが、退場する場面を作ったということでしょう。

相変わらず暢気な上杉家中です。
危機感、緊迫感というのがまったく感じられません。
お船さんは胸騒ぎを感じていたようでしたが、夫の信綱さんはいたってのんびりとしていました。

柿崎さんの乱入のお見舞いに、景勝のもとを訪れ、兼続くんの無礼な質問に激怒する景虎さま。
見舞いと称してのこのこ出かけていっちゃう景虎さまも景虎さまですが、それにしても兼続くん、ずいぶん偉くなったようですね。景虎さまへの詰問もさることながら、景虎さまより上座に座っての物言い、あれはだれだって怒ります。

「二人の養子」の思惑とは別のところで、家臣たちはさまざまに画策を重ねます。
暢気な人々の中にあって兼続の父惣右衛門さんだけが危機意識を持っていました。
自分が景勝様を説得するから、早く本丸を押さえよ、と。
兼続くん、与七くん兄弟は本丸を目指します。
「与七はわしから離れるな!」って、自分もへたれなくせに、一応兄貴風を吹かせてみたりします。
途中、景虎方の兵と遭遇し、白兵戦が繰り広げられます。
織田方の兵は斬れなかったのに、敵とはいえ、同じ家中の人間には容赦がない兼続くん。(やはり、景虎さまに嫌われるわけです。)

惣右衛門の働きによって、景勝も実城を目指し、ついに景勝方が実城を占拠します。

兼続くんは争いの仲裁の懇願に仙桃院のもとを訪れます。(この期に及んで仲裁を懇願しに行くというのも、何なのでしょう。よくわかりません。)もちろんそこは景虎屋敷。景虎さまとも遭遇してしまいます。
今回の一件は兼続の仕組んだものと、景虎さまは抜刀して・・・

来週は、景虎さまに斬られて、兼続くんの最期・・・(うそです)

惣右衛門さんの登場は少々唐突な感じでしたが、原作では、惣右衛門さん、節目節目で大切な役を演じています。(と記憶しております)温厚そうな外見の裏に、決めるところは決めるといった人物として描かれていました。原作の兼続には少しも魅力を感じませんでしたが、惣右衛門さんは結構インパクトがありました。ドラマの中でも今後の惣右衛門さんに期待したいです。
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://pure-soul.jugem.jp/trackback/21
<< NEW | TOP | OLD>>