| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
『天地人』 第9回「謙信死す」
今回は、上杉家の危機管理能力のなさが浮き彫りに・・・

病に倒れた阿部謙信、ついに最期の時を迎えました。
そばで看病する兼続くんに
「そなたの義」
という言葉を残して。
謙信は二人の養子には言い残すこともなく、兼続くんにだけ、「遺言」を残しました。
ひょっとして、謙信の真意は「家督は兼続くんに」・・・?

謙信の死を知って景勝、景虎、重臣たちが一堂に会して家督をどうするか、もめる。
家督相続の渦中にある当の本人達を前に、ああでもないこうでもないとそれぞれが家督について主張し合うというシーン、いろいろな意味ですごいと思いました。
それぞれがそれぞれのことを主張しあい、取っ組み合いのケンカが始まろうとしたその時、
妙椿尼の言葉によって、その場は波が引いたように静まり返ります。
「家督は景勝さまに・・・」御舘様がそう言っていた(言っているように見えた)と。
妙椿尼さん、何者かに憑依されていたようでしたが・・・

妙椿尼さんの奇妙な「託宣」を真に受けて、仙桃院さんの呼び出しにるんるん気分で応じる兼続くん。ところがあの「託宣」は真っ赤なうそであることを知らされ、おそらく気分は奈落の底へ。
真実はその場にいた仙桃院、妙椿院、お船、そして兼続くんの4人の胸にしまうことでひとまず落着。
部屋を出しなにお船さんから「何かあったときにはあなたを頼ります。」と、いきなり頼られてしまう兼続くん。「私を頼りなさい」の間違いではなかったのでしょうか。兼続くんよりお船さんの方がよっぽど強いと思うのですが。

景勝のもとにやってきた兼続くん。今度は殿に
「命に代えても殿をお守りします」
と誓います。
「こやつに守ってもらうなんて、儂も落ちたものよ」・・・景勝サマがそう思ったかどうかは定かではありません・・・。

それにしてものどかです。
兼続くんと与七くん兄弟は、のんびりとおしゃべりをしながら葬儀の準備(書き物をしていたようでしたが、余計に間延びした感じでした)をしています。
そこへ突然鉄砲の音が鳴り響き、景勝の家督相続に不満を抱く柿崎さんが武装して景勝の屋敷に殴りこんできました。

柿崎氏は越後頚城郡北部に勢力を持っていた豪族ですが、謙信の時代には景家の代であったと思われます。一説に山本勘助を討ったのは柿崎景家とも言われており、かなりの猛将だったようです。生没年は正確にはわからないようですが、個人的には「柿崎氏」といえば景家の方がしっくり来る気がします。ドラマでは一貫して子の晴家が登場していますが、北条氏への証人という関係から登場させているのでしょうか。
柿崎氏が上杉家の重臣として重きを成していたであろうことは、春日山城跡に「柿崎和泉守屋敷跡」として、広大な屋敷跡が残っていることからもうかがうことができます。
晴家は謙信が亡くなる前年、逆心の罪で罰せられており、謙信が亡くなったときに暴れられるような状況ではありませんでした。
また、晴家の子憲家は、御館の乱では景勝側についています。


JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://pure-soul.jugem.jp/trackback/19
<< NEW | TOP | OLD>>