| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
『天地人』第五回「信長は鬼か」
JUGEMテーマ:天地人


荒唐無稽なストーリー展開です。

「洛中洛外図屏風」の御礼の使者に兼続も加わり、初音とともに岐阜へ向かい、信長に謁見する機会を得ました。信長の所業に対し、受け売り的な「義」を振りかざす兼続。鼻であしらわれ、最後に極めつけの愚問を信長に突きつける。
「信長様は上杉の御味方か?」(こんなこと聞きますかね?普通)
兼続が阿呆に見えた瞬間でした。
百歩譲って泣き虫なのは致し方ないとして、あまり阿呆なセリフを言わせないでいただきたいものです・・・

実際のところ、兼続が信長に会ったという記録はありませんし、会ったことはなかったでしょう。外交上の大事な使者に、多少の才覚があるくらいで(ドラマ上の兼続にはその才覚すら感じられませんが)上杉家の家臣の席にも列していない兼続を赴かせるなどという愚を謙信がするはずがありません。
兼続自身、手ごわい相手として信長のことを認識していたかもしれませんが、もっとも意識したのは天正10年の魚津城のときでしょう。魚津城では大変な痛手を被りましたが、信長の死によって救われた部分も無きにしも非ず。複雑な思いで信長という男を感じていたかもしれません。
ですが、それはまだ少し先の話です。

岐阜では危うく殺されかけた兼続でしたが、石田佐吉によって助けられます。
無事に越後へ帰還。
謙信を囲んで景虎、景勝、兼続の4人が酒を酌み交わしながら、対信長について語り合うシーン。なんともシュールなシチュエーションでした。
「かつて儂は兄晴景と争った・・・」と愁いを含んで語る謙信が、剣心に見えてくる・・・

信長を討つか否か・・・上杉家中では「討つ」方に傾いていはいるものの、謙信自身が決断しかねている。そこへ景勝が兼続を連れて進言に赴く。
それにしても景勝のよくしゃべること!
この進言が功を奏して、上杉は信長を討つべく出陣するのでありました・・・

景勝の進言によって謙信の心が動いた、というあまりに人間臭い描かれようでしたが・・・
実際には、この時期、西国の毛利や足利義昭、本願寺などと足並みをそろえることで、対信長包囲網の機運が高まったことによる出陣と認識していますが、信長VS上杉という短調な対立の構図でストーリーが構築されていて、ひどく薄っぺらな感が否めません。









 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(2) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








なんつうか見終った後に目眩がしました。
ここまで時代考証を無視しちゃってもいいのか、と。
from. トラマ | 2009/02/05 08:03 |
トラマさんのお気持ち、よくわかります。
せめて「このドラマはフィクションです。史実ではありません」くらいのテロップを出して欲しいものです。
from. よーぜん | 2009/02/05 10:50 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://pure-soul.jugem.jp/trackback/15
もう何が何だか訳がわかりません。 混乱しております。 っていうか恐れていたことが
| 自記公開書 | 2009/02/03 07:54 |
<< NEW | TOP | OLD>>