| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
天地人 第三回「殿の初恋」
JUGEMテーマ:天地人


『キバ』が終わった。
航くん、ダークなキングになってしまうのかと思いきや、実は兄太牙を救うためにフリをしていたのだとは・・・
兄弟仲直りできたし、名護君と恵は結婚したりで、途中のどろどろした三角関係、航くんの出生の秘密などを思うと、最後はありきたりのハッピーエンドでした。基本的に子供の番組なので、それはそれでいいのかな。最後航くんの息子のマサオが登場するとは意外なオチでした。

・・・枕はそのくらいにして、本題。『天地人』の3回目。

大人になった(とはいえまだ10代)兼続君の登場である。
殿の初恋の相手がお船さんとは。刀の手入れをしているフリをして、さりげなくお船の様子を伺う景勝。
自分からは言い出せず、そばで見ていた兼続が、やきもきして、偽の手紙をお船に送り、二人だけの「密会」の場を演出する。だが、二人だけになっても、景勝は言いたいことが言い出せない。せっかく兼続が演出した場も、無駄になってしまった。
しどろもどろな殿も、陰でこっそり様子を伺う兼続も、何の屈託もない、青春時代を謳歌しているといった趣き。

さて、今回浮き彫りになったのは、北条氏から人質としてやってきた三郎景虎と景勝との確執の萌芽であろう。
美男の誉れ高い景虎は、弁舌さわやかで、能を舞わせれば、万人の注目の的となる。一方の景勝は、評定の場でも自分の意見を言えず、能の嗜みもない。
どう見ても、景虎の方が「上」と言わざるを得ない状況である。
先のお船とのやり取りも、「うだつがあがらない」殿の姿をクローズアップするという効果をあげており、また一方では、ほのぼのとした青春群像を描くことで、景虎との確執の緩和剤にもなっている。
このあたりが後の御館の乱の伏線になっていくのであろう。実際、謙信の後継者を巡る争いにおいて、景勝が、容赦なく景虎を切り捨てたのは、やらなければ自分がやられる、という戦国の掟がそこにあったのはもちろんであろうが、常に比べられる存在であった景虎に対する、言葉では名状しがたい鬱屈した思いのせいという気がしてならない。

ドラマは越中出陣の場面で終わったわけだが、兼続は、留守居を申し渡された。
兼続の初陣は、資料には残されていないが、ドラマではいつを設定するのだろうか。
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://pure-soul.jugem.jp/trackback/12
<< NEW | TOP | OLD>>