| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
NHK大河ドラマ『天地人』 第38回「ふたつの関ヶ原」
約1ヶ月半ぶりの更新です。
31回から37回まで、実に7回分、ふっ飛ばします。
多少なりとも突っ込みどころはありましたが、今更な気がしますので、省略です。

さて、ドラマはいよいよクライマックスの関ヶ原です。
前回(第37回「家康への挑戦状」)、直江状が登場。直江状の乱発はさておき、あれほど丁寧に直江状をやってくれたという点は評価したいと思います。直江状の真偽はともかく、兼続を語る上で絶対にはずすことのできないものですし、関ヶ原の直接の要因をつくったのが直江状だったといっても過言ではないと思うからです。

三成挙兵の知らせを受けて、上方へ取って返す家康の背後を突くことを兼続くんは殿に進言しますが、却下。北の最上、伊達の上杉領内侵攻を食い止めるべく、北へ向かう上杉軍団。(第37回)

一方、関ヶ原では・・・
お決まりのドラマ展開だったのは、可もなく不可もなくといったところでしょうか。
宇喜多秀家さん(須賀貴匡)、OREジャーナルの編集長(大谷刑部=津田寛治)もいることだし、ここは一つ龍騎に変身して・・・。彼が変身していたら、関ヶ原での西軍勝利は間違いなしだったのに・・・と見果てぬ夢を見ていた私でした。

最上攻めに向かった上杉軍。長谷堂城を攻めあぐねいている最中に関ヶ原での西軍の敗戦の報がもたらされます。
敵に悟られないように撤退を決行する上杉軍。殿を兼続くんが務めます。最後、味方が鉄砲を撃ちかける中、一人敵陣に向かって行く兼続くん。玉砕、でしょうか・・・

ところで前田慶次郎は登場しないのでしょうか。語り草になっている長谷堂合戦の退き口の獅子奮迅の戦いぶり。見たかったです。


JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(6) trackbacks(1)
『天地人』 第27回「与六と与七」
「偉大なる兄」から距離を置き、自己を見つめなおそうとする与七の話・・・
一言で言えば、今回のストーリーは、そうした与七の「自己を見つめる旅の始まり」といえるでしょうか。青春ドラマならいざ知らず、大河でやるほどのものかとも思いますが・・・

小国(大国)家は源氏につながる家系らしいですが、実頼登場以前にあまりその名を聞いたことはありません。越後の名家であることは間違いないのでしょうが。
小国家は、なにやら新興宗教めいたことをしていましたが、家柄のよさが生きる拠り所となっている家のようです。舅、姑、そして妻にまで、手柄のないことを攻めたてられ、与七くん、立場がありません。一種の帰宅恐怖症に陥っているのではないでしょうか。兄から離れるため、というよりも、あの家を出たいがために京に残ることを望んだといったほうがあたっているかもしれません。

秀吉の聚楽第落成の祝儀の使者に与七君が抜擢され、京に赴きます。
うぶな与七君は秀吉に官位を与えられ、茶々から「大国」と改めるよう言われます。(史実云々は、この際横に置いておきます。)
無事大役を果たし、越後に帰った与七くん。官位をもらったことが、兼続くんの不興を買います。
「兄上よりも先に官位をもらったことが悔しいのか」といわれ、おそらく図星だったのでしょう、兄弟げんか勃発・・・
この一件、頼朝と義経の話を彷彿とさせるのですが、勝手に官位をもらったことが頼朝をして義経征伐の口実となったことを思うと、層はならなかったのは、幼いころよりともに暮らしていた兄弟であるゆえんではあるのでしょう。

翌年、再び上洛を果たす上杉家ご一行。
与七君を引きつれ、秀吉に謁見した兼続くん、「上杉の忠義に官位は無用!」と啖呵をきります。あれほど大見得を切ったので、自分が官位をもらうときにはどんな言い訳をしてもらうのか、楽しみでしたが、あっさり(ありがたく)頂戴していました。やはり弟に先を越されたことが、内心ひどく悔しかったのでしょう。
さて、天正16年の上洛の折には、兼続のほかに色部長真、須田満親が豊臣姓を賜っていますが、それらはことごとく無視されました。

利休に招かれて家康とお茶会をする兼続くん。家康を前に「愛の論理」をぶちまけていましたが、見事空振りの感がありました。

史実無視ははじめから甚だしいドラマですが、新発田の乱もナレーションの一言で片付けられてしまいました。
この分だと佐渡も当たり前みたいに、上杉の領土になっているのでしょうね。



JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(0) trackbacks(0)
『天地人』 第25回「天下人の誘惑」  /  第26回「関白を叱る」
第25回「天下人の誘惑」

この週は最後の方しか見なかったので、レビューは省略いたします。
殿の具合はよくなったようですが。



第26回「関白を叱る」

番組冒頭の「愛の詩人」に寒くなりました・・・



JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(2) trackbacks(0)
『天地人』 第24回「戸惑いの上洛」
3週前のレビューを今頃になって・・・

上杉家一行、初めての上洛です。兼続くんは先週自分の「旗印」とした「愛」のかぶとをつけて。
兜の「愛」の文字は、皆さんの注目の的です。
まず、上洛途上に金沢で前田利家さんに接待されますが、利家さんがその兜の文字に注目しました。「愛染明王ですね?」と。
京では福島正則に招かれ、「あの『愛』は愛染明王だよなあ?男なんだから『愛染明王』でないとしたら許せん。」というようなことをいわれます。福島さん、言ってることが意味不明です。

米沢の上杉博物館で「愛」の携帯ストラップを買って持っているのですが、そのパッケージにも兼続の「愛」は愛染明王の「愛」である、という風に書かれていました。個人的には愛染明王ではなく、愛宕明神だと思っているのですが・・・。その話をするとドラマとは関係のないほうへ話がいってしまうので、機会があったらいずれそのうちに書きたいと思っています。

初音だけでは場が持たないと判断したのか、利休の娘というお涼さんが登場します。『花の慶次』の二番煎じでしょうか。

上洛に伴うさまざまなストレスがたまって、殿は最後倒れてしまいます。

・・・それにしても、上杉家、なめられています。北の政所さんには「いやなことがあっても我慢しなさい」みたいな事を言われます。子供の使いじゃないんだから、卑しくもひとかどの大名に対してああいう台詞ってありなんでしょうか。


JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(0) trackbacks(0)
『天地人』 第23回「愛の兜」
上洛の日が近づくにつれ、上洛を取りやめるという殿。秀吉の下につくことの不安、自身の誇りが殿を悩ませます。
お船さんの提言で、兼続くんは殿を生まれ故郷の上田庄へ連れ出します。

回想シーンで、与六少年と喜平次少年の再登場。視聴率アップをもくろんだ梃入れ的演出なのは明らか。久しぶりに聞いた「わしはこんなところへ きとうはなかった」の台詞。喜平次くんは、声変わりしたのでしょうか。
あの二人のまま、このドラマ続かないものかしら。少年与六&喜平次の上洛。秀吉の前で、臆することなく「こんなところへ きとうはなかった」と発言してほしいものです。

生まれ故郷で生気を養い、気持ちを新たに春日山に戻った二人。
兼続くんは自分の旗印とするべく言葉を模索中です。
思案中、お船さんがやってきて最初に書いた「愛」の字がよい、といいます。仁愛の愛、越後の民を愛する思い、そういうものを含めた「愛」だそうです。戦国時代から一気に近代へ飛んだ瞬間でした。


JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(0) trackbacks(0)
『天地人』 第22回「真田幸村参上」
徳川の脅威から身を守るため、真田が上杉に盟約を求めにやってきました。
その使者が、初音。海津城将は、完全に無視されました。
初音は、父昌幸からは、あまりよく思われていないようです。
昌幸の言われるがままに、信長に仕えたりなどしていたといいますが・・・
母の身分が低いとはいえ、実の娘を使者に遣わす真田家って・・・真田には人がいないのでしょうか。

盟約の「人質」として、昌幸の次男幸村が上杉家にやってきます。
かぶきものを気取っているようですが、とても下品な幸村。父昌幸に至っては、悪代官さながらの品の悪さ。「謀将」というのを、何か誤解していませんか。ああいう人物の描き方、何とかなりませんかね。

いろいろあって(泉沢の槍の事件とか、惣右衛門さんの再婚のこととか、真田に援軍を出してやった話とかありましたが、割愛)、幸村は兼続くんの弟子になりたいのだそうです。幸村が、あの兼続くんのどこに魅力を感じているのかわかりません。ヘタレでも、重臣になれる技でも学びたかったのでしょうか。

ところで、幸村が兼続の弟子に、という話ですが、一見唐突ですが、これは『天地人』作者のオリジナルではなく、坂口安吾が『安吾史譚』の中で述べています。(「直江山城守」)兼続を評して「光風霽月(こうふうせいげつ)」「なつかしい武人」という表現をしています。この中で、謙信→兼続→幸村と「義」が受け継がれていったということが述べられています。この「義の系譜」が『天地人』の一つのテーマと思われますが、原作を読んだ限り、今ひとつぴんときませんでした。

JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(0) trackbacks(0)
『天地人』 第20回「秀吉の罠」 / 第21回「三成の涙」
さて、今回も2週続けてのレビューです。このところ、テンション下がり続けているので、あと数ヶ月、レビュー書き続けていられるか、少々心配です・・・


《第20回「秀吉の罠」》

史実では、実際に落水で会見があったかどうか、はっきりしませんが、半ば定説ともなっている秀吉、石田三成、上杉景勝、直江兼続の四者会談が今回の話のメインテーマ。

番組の冒頭は、初音が直江屋敷を訪れたところから。
初音は、兼続くん留守中に上がりこんで、お船さんとはずいぶん意気投合した模様。最初お船さんのことを「兼続殿の年上のいとこ」という言い方をし、お船さん、むっとしたかしら?と思いきや、お船さんのほうが一枚上手だったようで、「そのとおりです」と笑顔でやり返しました。さすがです。
帰宅した兼続くん、ずいぶんなあわてよう。初音との間にそんなあわてるような何かがあったのでしょうか。(原作では何かがあったわけですけど・・・)ひとしきり話をした後、「真田の里へ帰る」と言い残して、初音は去っていきました。

さて、秀吉との会見を前に、殿は会見では一言もしゃべらない宣言をします。
宣言どおり、殿は秀吉と対面しても、一言もしゃべりません。
殿がしゃべらない代わりに兼続くんが阿呆のように喋り捲る。
「上洛するか否か」を問われ、殿は上洛を即断します。

会談が終わった後の宴で・・・
兼続くんは三成のご接待をしますが、命の恩人も覚えていないとは、義も何もあったものではない、何事も行き過ぎると阿呆に見える、と、痛いところをつかれました。三成天晴れです。しかし、この台詞を三成に言わせんがために、兼続くんをこれまで阿呆に仕立て上げてきたのでしょうか…それとも抗議の声が届いたのでしょうか・・・

タイトルは「秀吉の罠」でしたが、果たして秀吉はどんなトラップを仕掛けたのでしょう。


《第21回「三成の涙」》

前回の宴会の場面から・・・
三成に阿呆呼ばわりされ、あまりに的を得ている発言のため、怒り心頭に達する兼続くん。
見かねた秀吉が三成に「頭を冷やして来い」と、退出を命じます。
三成が席を抜けた後、秀吉は三成の生い立ちを兼続くんに話します。
幼いころから寺に預けられて、例の三杯のお茶の話を語って聞かせます。
三成の気の毒な生い立ちに、同情したものか、自分の雲洞庵時代を思い出したのか、おにぎりをもって三成のところへ。
ところが三成は兼続くんのおせっかいを完全に拒否します。仕方ないので、もってきたおにぎりを一人でかぶりつく兼続くん。

しばらくあって、ある日、三成は「確かめたいことがある」と、ふらりと直江屋敷を訪れる。
「狐」と聞かされていた三成が、イケメンなので、お船さん、ちょっとふらっとしたでしょうか。

上田衆の面々や、農民たちとのやり取りを見て、次第に兼続くんを認めるようになる三成さんでした。
三成と兼続が盟友としてともに歩んでゆく、そのための第一歩を描いた一話としては、わかりやすかったのでは、と思います。上田衆との関わりは、番組当初からのものでしたので問題ないとして、農民とのやり取りは、なんだか唐突で、取ってつけたような印象を受けました。三成との話の前に、農民とのかかわりを描いた伏線が、簡単でもあってしかるべきだったのでは、という気がします。




JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(0) trackbacks(0)
『天地人』 第18回「義の戦士たち」 / 第19回「本能寺の変」
JUGEMテーマ:天地人
 先週はパソコンに触れている暇がなかったので、2週続けて感想書くことにします。

先々週からの話の流れで、第18回、第19回は魚津城の戦い。景勝が家督を継いで初めて迎えた大きな試練でもあります。


《第18回》

細部をよく覚えていないのですが、織田軍の攻撃を受ける魚津城へ兼続くんは単身乗り込み、籠城する城将たちに降服するよう説得をします。ところが、城将たちの覚悟は固く、兼続くんは上杉の将来を託され、泣く泣く殿のもとへ帰っていく、というあらすじだったと思います。

随分短期間で「家老」としての信頼を勝ち得た兼続くんです。(無理やりそういう設定にしているところが痛いのですが・・・)
それにしても単身魚津城へ乗り込むとは・・・海(!?)を泳いでいました。家老になってもスタンドプレイ癖が抜け切らないようです。(そろそろこの癖は直した方がいいと思います。)

魚津城の援軍に向かい、敵が越後領内に入ったところで急きょ引き返して討つ、という「奇襲作戦」を兼続くんが考案したという話らしいですが、「奇襲作戦」といえば聞こえはいいが、実際のところ、そんな悠長な状況ではなかったはず。兼続くんは自ら魚津城へ乗り込むことで、そのあたりの状況がようやく飲み込めたものと思われます。

紆余曲折の末魚津城に到着したわりには、帰ってくるのは早かったですね、兼続くん。

あと、お船さんから何かもらっているシーンがありましたが、これはもう、割愛。



《第19回》

信濃方面から織田勢が侵攻しているとの急報を受け、魚津城をそのままに越後に引き返す上杉軍。
兼続くんは自分の考案した策のせいで、結果、魚津城将を見殺しにしてしまうことになったと殿に泣きを入れる。(といいますか、自分の策が思うように機能しなかったことに対して駄々をこねていたようにも見受けられました。)
このシーン、すでに魚津城が落城し、信長亡き後の会話かと錯覚したのですが、ストーリーの流れからいって、越中から取って帰った直後の話だったようです。例によってなんとも悠長です。

さて、本能寺の変。
明智に攻められ、寺に火をかけ、果てようとする刹那、「人間五十年・・・」の舞を舞う代わりに登場したのは謙信。信長の幻影の中で、謙信と信長が対面するシーン。ちょっとありえないシチュエーションですが、かなり謙信を意識した信長サマだったので、最期のシーンとして相応しかったのではないでしょうか。

歴史というのは時に残酷です。
信長の死の実に1日前、魚津城は落城。城将たちは名前を記した木札を耳朶にくくりつけ、皆、自害して果てました。

本能寺の変は描かれることはあっても、その裏で行なわれていた壮絶な戦いを、これまで語られることはありませんでした。3週もかけて描いたという時間的なバランスや、描かれ方の巧拙はともかく、語られなかった歴史を描いたという点では評価できるのではないかと思います。



最初にも書いたように、魚津城の戦いは、景勝にとって生きるか死ぬかの大きな試練でした。
西と南からは織田勢が、北からは新発田重家の動きが不穏で、一寸たりとも気を緩めることのできない状況でした。
景勝自身、その決死の覚悟の程を佐竹義重に宛てた書状で述べています。(あの書状の紹介があってもよさそうなものでしたが・・・)
また、落城の一月あまり前、4月23日付で、12人の魚津城将が連名で兼続宛に書き送った書状があります。こちらは番組最後の「天地人紀行」の中で紹介されていましたが、壁際まで敵に攻め寄せられること昼夜を問わず40日にもおよび、守りも限界、「この上の儀は各々滅亡と存知候」と、悲壮な決意が綴られています。援軍を要請するといったことは一切書かれておらず(魚津城将たちにも景勝の窮状はよくわかっていたのでしょう)、死を覚悟した壮絶な思いが、ただ淡々と記されているだけです。ただ、淡々と・・・
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(0) trackbacks(1)
『天地人』 第17回「直江兼続誕生」
「兼続くんが重用されるのを快く思わない毛利秀広さん」によって直江信綱さんが殺害されました。
毛利秀広が、信綱らの殺害に及んだのは、一般には御館の乱の恩賞を巡る不満から、といわれていますが、領地問題が絡むなど、実際には複雑な事情があったようです。
実際、毛利さんが狙ったのは山崎秀仙のほうだったと聞き及びますが、山崎さんの方は、無視された感があります。
兼続くんを快く思わなかったのなら、本人を狙えばいいのに、なぜ信綱さんらが狙われたのでしょう。史実とつじつまを合わせようとしたのでしょうが、つじつまが合っていません。


じりじりと越後に駒を進める信長。
越中魚津城が、その最前線となります。ここが落ちれば、信長軍が春日山を目指すのも時間の問題、ということで、なんとしても魚津は守りきらねばなりません。
まず、吉江さんが魚津行きを志願します。
「魚津には是非とも上田衆が赴かねば」
みたいなことをいっていた兼続くん。兼続くんの言葉に即座に自分が行こうと、安部さん。
安部さんこそ適任者、ということを言っていましたが、自分、行けよ、兼続(怒)。あっさり安部さんが志願したことで、ヘタレな兼続くんはほっとしたのではないでしょうか。(なんか変な会話でした。)


話は前後しますが、信長によって攻められる武田に援軍を送るか否かの評定の場で・・・
自分たちの立場も危うい中、武田への援軍を皆が躊躇しますが、殿の鶴の一声で、援軍を出すことに決定。その時の兼続くんの言葉・・・
「殿のおっしゃるとおり、今ここで援軍を差し向けなければ、我らも武田と同じ道を歩むことになる・・・」
?兼続くんの中では、すでに武田は滅びていたようです。なんだかものすごく失礼な発言ではありませんか?


兼続くんの発言が、今回はいつもに増して気になりました。
めでたいかどうかわかりませんが、ようやく「直江兼続」の誕生です。





JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(0) trackbacks(2)
『天地人』 第16回「信玄の娘」
武田との同盟によって武田家から迎えられた武田勝頼の異母妹・菊姫と景勝との婚儀が執り行われました。
婚儀の席上、
「武田に黄金、領地まで与えた上に、武田の姫までもらうとは!」
と、お怒りになって席を立つ吉江さん。武田との同盟が気に入らないようです。

その夜、緊張した面持ちで、菊姫の待つ閨におもむく殿。
菊姫は殿と刺し違える覚悟で、武田を守って欲しいと懇願するが、殿は確約はできないと正直に答えてしまうのでした。(こういう実直さはいいですね。)

さて、ドラマではずいぶん気性の激しそうな菊姫ですが、実際のところ、どうだったのでしょう。
どうだったかわかりませんが、イメージとはずいぶん違う菊姫です。いい悪いは別にして。
菊姫の母は油川源左衛門の娘。(油川氏は武田氏の一門)同母姉に松姫(信松院)がいます。信松院といえば、見性院(穴山信君正妻)とともに保科正之の養育にも関わった方ですね。そんなところから、信松院は賢婦人というイメージがあるのですが、同母妹の菊姫もまた、誇り高き賢婦人であったと思います。だから、ドラマのような、「武田の家を守ると約束してくれるか」といったような愚問は決して発したりしなかったでしょう。

殿のあまりに正直な返答に、心を閉ざしてしまう菊姫。
彼女の心を開こうと、兼続くんは必死です。菊姫を迎えることになった要因を作ったのは自分な訳ですから、ここはどうあっても仲良くしてもらわないと・・・ということらしいのですが・・・
一回目の対面では、あっさり拒絶される兼続くん。仙桃院さんをダシにして、ようやくお目どおりかなう。雪の中から顔を出した雪割草を引き合いに出して菊姫の心をほぐそうとします。
そこは華姫が好きだった場所らしく、仙桃院さんは華姫を思い出して涙を流してしまいます。
菊姫の心を解こうとしてやったことが、仙桃院さんを泣かせてしまい、兼続くんの作戦はいったい成功したのかどうか、よくわかりません。
あの場面でよくわからなかったのは、お船さんの立場。何のためにあの場にいたのでしょうか。

このドラマ、よくわからないことが多いです。
吉江さん、信綱さん、兼続くんの三者会談もよくわからないものでした。
信綱さんは兼続くんに「おまえのこと嫌い」宣言をしますが、「嫌い」とした上で相手の立場を認め、ともに上杉家のために働こうと話をします。吉江さんが仲介者というわけでしょうか。
この後、信綱さんが亡くなって兼続くんが直江家に入るわけですが、今のままだと単純にお船さんの「浮気」が成就した形になっちゃうから、それではあまりに信綱さんの立場がないから一応「嫌い」だけれども兼続くんを認めてあげる立場を取ることで、兼続くんを「正統な」直江家の後継者に仕立て上げようとしたものでしょうか。あまりに強引過ぎて、唐突で意味不明な場面でありました。

意味不明といえば、恒例となっている信長サマ&初音のツーショット。先週は屋根の上でしたが、さすがに2週連続はなかったですね。今週は屋形内でした。信長サマ、何か言っていたようですが、忘れました。あの二人のシーンはCMタイムと思うことにしています。

そして番組最後で信綱さん殺害される・・・
一般的には御館の乱の恩賞を巡るもつれから毛利秀広が山崎仙秀斎の殺害におよび、山崎といっしょにいた信綱が巻き添えを食う形で殺害された、といわれていますが、なんだかよくわからないうちに殺人事件が起きていました。
NHKのサイトのあらすじによると、兼続の出世を快く思わない者による信綱殺人事件・・・?なんですか?それ




JUGEMテーマ:天地人
 
2009 NHK大河ドラマ『天地人』 comments(3) trackbacks(0)
| 1/3 | >>